海の風来坊のお絵描き教室

 水彩画スケッチなどの紹介ブログ

戸塚区舞岡町 舞岡公園の鯉のぼり

ヴィファール水彩紙 F4 荒目 透明水彩

4月9日(火)
 今日は、戸塚区舞岡町 舞岡公園の鯉のぼりのスケッチをご紹介します。
 2019年4月7日の日曜日は、カルチャーセンターの仲間と舞岡公園にスケッチに行きました。
 地下鉄舞岡駅から25分ほど歩いて到着です。
 公園は豊かな緑と湧水があり、市内でも残り少なくなった昔ながらの田園風景が残され、「ふるさと」をしのびながらの散策・休養や、水田・畑づくりなどの農体験ヘの参加が中心となる公園です。

 その拠点として明治初期の古民家(旧金子家住宅主屋)が移築復元されています。
 園内に入るとすぐにサクラが満開の広場に出ましたが、花見の方もポツポツいる程度で、今年のような大騒ぎは全くありませんでした。参加メンバーもサクラは描きたくなかったようで、どんどん奥に歩いて進むとまだ水を張っていない田んぼの脇を通って、古民家に出ました。

 その庭には、早くも鯉のぼりが元気に泳いでいました。
 早速、スケッチブックを広げて、縦画面にした上半分に主役の鯉のぼりを入れて、その下に庭の向こうに見える古民家と散策されている人物や春の日差しの影を描いて完成です。
 農体験が中心なので、自然にとって毒である水彩絵の具の廃水は必ず持ち帰るようにとボランティアの方から初めて指示されたのがこの公園でした。

 以来スケッチでは、どこでスケッチしても適当に流したりせずに必ず廃水をペットボトルに戻して持ち帰るようにしています。

港北区岸根町 岸根公園のサクラ

アルビレオ水彩紙 AB-B3 透明水彩

4月8日(月)
 今日は、港北区岸根町 岸根公園のサクラのスケッチをご紹介します。
 一昨日の土曜日は、あいにくの曇り空でしたが、美術クラブの有志スケッチ会で今年度最初のスケッチとして岸根公園に行ってきました。
 岸根公園は、1971年に開園された神奈川区との境界近くに位置する運動公園で、園内には広場や野球場、県立武道館、篠原池があり、中心市街地にありながら多くの木々に囲まれた憩いと癒しの空間となっています。
 また、4月上旬からはソメイヨシノが開花時期を迎えて篠原池に映る桜がとても美しい絶好の花見スポットとなります。
 参加者は、全員この篠原池にあるひな壇型のベンチの一番下に座って池にせり出して咲くソメイヨシノのスケッチを始めました。
 構図としては、画面の右側に主役のサクラを配置して、その左側には池を渡る遊歩道を、その向こうには湿地帯の葦が広がり池の周りに咲くサクラ並木と公園の外側の住宅街が見えます。手前には篠原池の水面とサクラの映り込みを入れてみました。
 ソメイヨシノは、一昨日で八分咲きぐらいでしたが、鳥が羽を広げるように枝を伸ばしたサクラは圧巻の迫力でした。
 描いている途中から、晴れ間が少しづつ出てきて、描き終えてから後ろを振り返るとひな壇のベンチは、いつの間にかびっしりと花見の方たちが座られていて驚きました。

神奈川区 子安台公園から望むキリンビール工場

ヴィフアール水彩紙 荒目 F4 透明水彩

 4月7日(日)
 今日は、神奈川区 子安台公園から望むキリンビール工場のスケッチをご紹介します。
 2022年4月6日の水曜日は、天気がとても良くて午前中は三ッ池公園のボランティアとして活動していました。
 この日はスケッチブックを持っていなかったので、お弁当を食べた後は散り始めたサクラをたくさん取材撮影してから家に帰りました。
 でも、夕方になってやっぱりスケッチをしたくなって、自宅近くの子安台公園にスケッチブックをもって出かけました。
 もう5時近くですが、まだ明るくて急いでスケッチを始めました。
 子安台公園は丘の上にあって、鶴見から横浜港にかけて海側を見渡すことができます。公園の真下を首都高速道路が通りぬけていて、その向こうにはビール工場のキリンビアビレッジが見えます。遠く大黒ふ頭のつばさ橋も良く見えています。
 手前には丘の縁にススキの枯草が生い茂っていました。
 見晴らしの良いベンチに座って、いつも見ているお気に入りの鶴見の風景を、あらためてスケッチしてみて、やっぱりいい眺めだなと思います。
 この景色は、現在も妻との散歩コースのハイライトで、このベンチに二人で座って毎日、サクラの咲き具合や野鳥の鳴き声に耳を澄まして、鳥の姿を探したり、羽田空港への着陸態勢に入った旅客機を望遠鏡で追いかけたりしています。

鶴見区鶴見 鶴見花月園公園の子どもたち

ヴィフアール水彩紙 荒目 F4 透明水彩

4月6日(土)
 今日は鶴見区鶴見 鶴見花月園公園の子どもたちのスケッチをご紹介します。
 2022年4月5日は仕事を辞めて、いよいよお絵描きに重心を置ける環境となって、秋には美術クラブの展覧会にも大きな絵を出品したいと思っていました。
 私の描き手としての気持ちは、絵をご覧になれた方が、楽しくウキウキしてくるような気持になるような絵を描きたいと思っています。
 そのモチーフとして、描きたいと思うのはいつも子供たちの無心に遊ぶ姿です。
 そこで、この日は家の近くに新しくできた鶴見花月園公園に行ってスケッチすることにしました。
 この公園は1914年に開園した花月園遊園の跡地に、2021年11月1日に再整備されてオープンしました。
 花月園遊園地は東洋一の遊園地と呼ばれていて、観覧車やメリーゴーランド、動物園、室内スケートリンクもありましたが、約20年で経営難により閉園となりました。
 1950年には跡地に花月園競輪場がオープンしましたが、約60年間の営業で幕を閉じ2010年には閉場しました。
 その後10年間は更地となっていたところで、地元としては大きな公園として整備されて環境も改善され、本当に良かったと思っています。
 さて、スケッチの方は丘の上の公園に沢山の遊具が並び、多くの子供たちが元気に遊んでいます。その下にはさらに広大な芝生広場があり、その下には市街地が広がって、遠くみなとみらいのビル群まで見えています。
 そんな広々とした公園の楽し気な雰囲気をスケッチしてみました。

南区 大岡川プロムナードのサクラ

ヴィフアール水彩紙 荒目 F4 透明水彩

4月5日(金)
 今日は、南区大岡川プロムナードのサクラのスケッチをご紹介します。
 昨日は、夕方から美術クラブの人物デッサン会に参加するために出かけるのですが、会場に行く途中には大岡川が流れています。
 大岡川プロムナードのサクラは横浜でも有数のサクラの名所で毎年多くの花見客で賑わいます。
 なので、2時間ほど早く家を出てプロムナードのサクラを描こうと思いました。
 横浜は4月1日に開花宣言されたものの、家の近くの子安台公園のサクラは大体3~5分咲きと言うところでした。
 京急日ノ出町駅を降りて長者橋を渡って上流側に少し歩くとひときわ勢いよく咲いているサクラ群がありました。
 幹をみるとまだ若い木で、植え替えをされたサクラのようでした。
 幹の太い老木のサクラは、まだ3~5分咲き程度でした。何十年もずーっと咲き続けていれば、それは若い木よりは咲くのは遅くなったりするよね。
と自分のことと照らし合わせてみて、納得していました。
 さて、スケッチの方は今回は、若くて頑張っている若木の方のサクラを主役にして描きました。
 プロムナードを往来される方たちは、この若木で必ず写真を撮って行かれます。そんな様子を入れて、向こうには大岡川と並行して走る京浜急行をいれて描きました。
 今回は、日本の方に声をかけていただき、絵の話をする中で空の色を何色にしようか、一緒に考えてもらいました。

鶴見区 三ッ池公園中の池のサクラ

ヴィフアール水彩紙 荒目 F4 透明水彩

4月4日(木)
 今日は、鶴見区 三ッ池公園中の池のサクラのスケッチをご紹介します。
 2020年4月3日は金曜日です。3月31日で定年退職して同じポストで再任用となりましたが、週の勤務日のうち金曜日を公休日にしてもらいました。
 その最初の公休日、仕事に行かなくていいし、やっぱり三ッ池公園のサクラをスケッチしたくて出かけてきました。
 今年と違ってサクラはもう満開を過ぎて散りはじめになっていました。
 ただ、園内はコロナ禍が始まったばかりで、人出は比較的少なく、食事を伴う宴会などはもってのほか、みんな少人数で大人しくサクラを見て回るだけでした。
 私は満開のサクラを取材用にスマホで撮りまくってから、最後に中の池の畔で池に大きく枝を伸ばしたサクラのスケッチをすることにしました。
 構図としては園路を楽しく散策する人たちを中心にサクラ並木を背景に配置して、池は入れずに園路に落ちている影を入れて、春の割と強い日差しを描いてみました。
 ただ、今見直してみるとサクラにオペラというピンク色の絵具で描きすぎてしまい、返ってサクラに見えないなと反省しています。

 サクラはピンクと言う固定概念に縛られていたのだと思います。

沖縄県名護市 オリエンタルホテルの夕陽

ヴィフアール水彩紙 荒目 F4 透明水彩

 4月3日(水)
 今日は、沖縄県名護市 オリエンタルホテルの夕陽のスケッチをご紹介します。
 1年前の4月2日から妻と南国リゾートミステリーツアーという企画旅行に参加してきました。
 初日は午後に那覇空港に到着してからバスに乗ってオリエンタルホテルまで直行でした。
 部屋に案内されて夕飯までの時間があったので、部屋から沈む夕日をスケッチしました。
 あいにく、雲が出ていましたが、水平線付近だけ夕陽が見えていました。
 プールに映る夕陽と覆いかぶさる黒い雲を滲みを使って手早く描いてから、暗い色でプールサイドの草木や構造物をシルエットだけで描いて完成です。
 夕陽は時間との勝負で最後はいつも真っ暗になってしまいますが、今回は、部屋の中で描いているので照明もあり、撮影した写真をスマホで確認することもできるので安心です。
 描き終えたところでちょうど夕飯の時間となりました。